運動がなぜ大切なのか


アーミーフィットネスジム川口トレーナーの後藤ロレンスです!

 

皆さん、運動してますか?

運動っていっても様々ありますよね

 

目的によって必要な運動は違うものです

例えばスポーツをもっとうまくやりたいための運動

ダイエットしたいための運動

体力をつけたいための運動

筋力をつけたいための運動

健康のための運動

 

本当にいろいろありますよね

 

さて、皆さんはなんの目的のために運動を行いますか?

 

まずは目的が明確じゃないと運動も効果が落ちてしまいますよね

 

ここでは大多数に当てはまる健康のために運動をすることについて

お話してみたいと思います

 

 

「健康」

この健康という意味だけでも幅が広いです

健康とは肉体的な部分だけではなく

精神的にも社会的にも過不足がない状態なのです

結構条件が高いですよね

 

肉体が強くても精神的に病んでいたら健康とは言えないですし

肉体も精神も強くても社会的に間違っていたら健康とは言えなくなってしまいます

 

とても条件が厳しいですが

少しでも健康的な要素を増やしていけると理想ですよね

 

ではここで運動がもたらす「健康」についてみていきます

 

運動はまず有酸素系や無酸素系、その二つの要素がはいったもの

また柔軟性を目的としたもの

神経系を目的としたもの

などがあります

 

健康を考えるときどれかに偏りすぎるのも問題です

長時間歩いていけないほどのでは持久力が足りません

転倒やちょっとした駆け足、物を持ち上げたりする瞬発系筋力

はっとした時に瞬時に反応できる神経の反射的能力

どれも重要ではないでしょうか?

 

そうです

健康を目的とした場合

バランスよく運動を取り入れることが重要になってきます

日常生活で持久力の要素はとても多いです

なにもスポーツなどしてなければ人体の筋力構成はだいたいが

持久力に属する遅筋に構成されています

個人差はありますが

ただし関節の可動域を意識した生活をしなければ

柔軟性は落ちていきます

関節に存在する靭帯や付近の腱は伸張が制限されている期間がながいと

拘縮していく傾向があります

これがだんだんと柔軟性が失われて固くなるという現象です

 

たとえば日常でできる身近な運動として「ウォーキング」があります

ウォーキングはとても良い運動ですが

効果的なやり方は存在ます

ここでは長くなるのでウォーキングのレクチャーはカットします

では簡単に

ウォーキングでは関節の動きを考えながら行ってみてくださいね!

 

アイディアとして例をあげます

スクワットを重量が荷重された状態では筋力向上

回数を多くやるのでは持久力

スピード重視は瞬発系と神経系

またスクワットの動作にバリエーションをつけていくことで

コーディネーション系(動作の連動性)のトレーニング

につなげられます

 

日常生活上での健康では腹筋や背筋も重要ですね

 

 

このように運動を行うとそれに伴って必ず体内で何かしらの反応が起きます

これを専門的に研究している学問が運動生理学です

わたしの得意分野です

運動を行うと体内でホルモンが分泌されたり

エネルギーの代謝やガスの交換が行われたりします

つまり体内のあらゆるものや器官が活性化します

また血流も促進され体内に血液がめぐりやすくなります

筋肉が成長するとともに血管量が増え

体内に水分を保存しやすくなったり

老廃物の除去

酸素や栄養素の運搬がスムーズに行われるようになったります

運動を行うことで体勢の変化が起きると適度に内臓に左右や上下の

振動や刺激が加わり内臓の働きも改善されやすくなります

 

書ききれませんが

運動による体内での生理学的反応はもっともっとあるのです

 

 

このように運動は「健康」を目的とするだけでも

とってもとっても重要なのが分かりますね!

 

 

運動はぜひ継続が大事です!

継続的に運動を行ってくださいね!

 

他の情報は「後藤ロレンス」で検索してね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です