ベンチプレスの重量の伸ばし方について(本橋ブログ)


こんにちは!

アーミーフィットネスジム川口店の本橋です!

 

今回はベンチプレスの重さの伸ばし方について

お話しようと思います。

まず最初に、

ベンチのフォームから・・・

①ベンチに仰向けに寝る

②足のかかとを引いて踏ん張る(地面に足裏全体をつける)

③胸を起こしてあごを引く

④ベンチの上で方とお尻を二か所だけつけてブリッジする

(注!かかとが浮かないように。腰に手が入るくらい)

⑤バーベルを握る(足は一番力の入る位置でOK)

⑥お腹に力を入れる

⑦シャフトをラックから外して胸の位置に

 構えてからスタートする

⑧バーを下ろす位置は乳房の少し上位に下ろす

⑨胸の力で押し上げるようにバーを上げる

➉バーを下ろす(下ろす時は肘を床に対して直角に

 なるように下ろす)

注!肘が真横になると肩関節に負担がかかるので

肩を痛めます!気を付けましょう。

 

次にベンチの重量の伸ばし方です。

例えば

80キロの重さを7回しか上げられない方の場合・・・

ウォーミングアップで50キロ10回

70キロで5回くらいにとどめる

注! ウォーミングアップが多すぎは本番で上げられないので

   2セットくらいが望ましいです。

次に本番の80キロを10回上げられるようにもっていきます。

(8回しか上げられなかった場合、つぎにあげられるように頑張る)

2回目80キロ10回クリアした場合、

90キロで5回目指します。

(90キロ5回以上クリアできたらこの重さで

10回上げられるように頑張る)

しかし、5回以下の場合、85キロに変えて

10回目指しましょう!

ちなみに重量を落として行う場合は

回数を増やして、インターバルを短くすることを

意識して行います。

 

行っていくうちに重さの壁にぶち当たると思います。

根気よく挑みましょう!

たまには重さに挑戦するのも良いでしょう!

(胸に効かせることも忘れずに!)

不明な点はお気軽に本橋まで!!!!(^^)!

追伸

先日脚のトレーニングでスクワットを220キロ

行っていた時に、真後ろで腹筋をしていた人がいました。

危ないので注意したら、ムッとされました・・・(´・ω・`)

皆さんマナーは守ってやりましょう!

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です