食べて飲んで(セリエBlog)夏休みのお知らせ


こんにちは 川口店セリエです。

帰ってきました✋

さてさて夏本番で暑さ

MAX

この暑さに便乗してアーミーフィットネスジムで一気に体重を落としにかかってやりましょう。

暑さで拍車がかかり普段の生活でもへばりがちな身体を、トレーニングで心拍数を上げ基礎体力の土台を作り、来年夏がまた来る頃にはへばりにくい身体になっていけるように。

普段の生活でも当然変化に気付くことができるでしょう。疲れにくくなる、疲れなくなる、楽になる。

基礎の身体をしっかりちゃんと作ってしまえば、そうそう衰えることはありません。それなりのメンテナンスは必要ですが、一度作ってしまえばなモノです。

そのためにも水分です、添加物のない

をしっかり十分摂ること。基礎代謝、血液循環も善くなり体から老廃物がとことん出ていきます。

ボクシング界を含め格闘技界でもそうです。

ひと昔前は、漫画でもあるような過酷な減量「食べない」「飲まない」が常だった日本の格闘技の減量。特にボクシングの減量は過酷さを極めます。約3週間前から10kg前後の体重を落とすのに、昔はとことんただ食べない飲まないを徹底していた日本の体重の落とし方。

日本はアメリカより10年遅れてると言われるように「減量方法」「ダイエット方法」もそう、今はネットワークも敏感になってきてますしそれほど遅れてはいないとはいえ、「遅れてる」ことは間違いありません。

欧米格闘技との繋がりが濃くなったおかげで、日本のそんな過酷な減量も今はまったく反対に。

「必要なモノを食べる」

そして

「とことん水を飲む」

食事の管理で身体から汗(水分)を出しやすくし、とことん水を飲んで汗をとことん出す。

昔のボクサーからしてみたら考えられないことですよね。食べた上にとことん水を飲むだなんて。

ボクサーからしてみたら、食べないことはいくらでも我慢できます。

水分を我慢することはできません。

脳の神経が水分を経つことを許さないようにできています。我慢を続ければ神経に異常をきたしてしまいます。

そのためにボクサーは個々でいろんな手段を探し、自分なりに我慢できる方法を探します。氷をなめたり、シャワーで口をゆすいだりうがいしたりしてごまかす。

僕はよく飴をなめていました。

爆発的な欲求ですぐ飴はなくなって

次・・・

となりますが脳の神経がやられずにすみます。

飴じゃカロリーが・・?って思うかもしれませんが。減量で乾ききった身体ですから逆にカロリーを採ってあげないといけません。

それでも水分を我慢して飴ばかりなめていたため、舌がずいぶん荒れてしまいますが、体重を落とすためにそれくらいは仕方ないことでした。

だからそんな減量がナンセンスとされ、

近年の減量方法を教えてもらった時には目から鱗でした。

それが今のボクサーたちに広がって、今のボクシング界の減量方法ではセオリーになりつつあります。

だからこそ僕らアーミーフィットネスジムのスタッフもいろんな情報にアンテナを張ってより良い健康維持、ダイエット、筋力アップの方法をキャッチアップしていきたいと思っていますのでこれからもよろしくお願いします。

 

僕ものインクレディブルのようなマッチョになれるようがんばります。

─夏休みのお知らせ─

8月11日(金曜日)~8月16日(水曜日)

上記期間夏休みとさせていただきます

※8月17日(木曜日)から通常営業となります。

ご理解の程どうぞ宜しくお願い致します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です