ボディビルダーについて


 

こんにちは。

アーミーフィットネスジム川口の本橋一利です。

今回は、ボディビルダーについてお話します。

 

まず、ボディビルというとムキムキ、気持ち悪いというイメージがあります。

でも、ボディビルという競技は、過酷な減量をして体脂肪を5%未満まで絞ります。それには、高たんぱく、低脂肪の食事に加えトレーニングをします。体脂肪のみを落とし筋肉をできるだけ落とさないように減量をします。あと、日焼けもします。

 

あの体は、1年2年で作りあげることは不可能です。

何年も何年も地道にただひたすら考えながら自分の体を作りあげます。よく世間では筋肉がついている人を筋肉バカといいますがそれは大きな間違いです。

 

筋肉を作り上げるには頭で考えながら、トレーニング、食事をしていきます。だから根気のいる作業です。そして、人それぞれビルダーはコンテストに臨むわけです。

 

大会の当日にこれ以上ないくらいコンディションをもっていきます。そうしないといい結果は望めません。選手の多くは、コンテストのために1年2年と準備をしてきて大会に臨みます。日焼けも異常なまでに黒く焼きます。

 

なぜかというと黒いほうが体が引き立つからです。我々の理想の色はゴキブリのどす黒さが理想です。そうしないと、白いと舞台の照明が結構明るいので肌が白く見えてしまいます。やはり白いより黒いほうが見栄えがいいです。

 

ボディビルダーは日頃のトレーニングで自分で追い込み、上がらないところから2回3回追い込みます。そこからが筋肉になります追い込まない筋肉は必ず発達しません。

 

筋肉は追い込んでこそなんぼです。

 

よく、世間ではやりすぎるとオーバートレーニングといいますがオーバートレーニングでもしないと筋肉は発達しないと私は思っております。本当にオーバートレーニングになれば気持ち休養するか2、3日休むかもしくは1週間休むか、そのような場合になることもあります。でもトレーニングが週6、7日できていて、やっても疲れていなければやってもよいと思います。

 

最終的には人それぞれトレーニングのやり方、休養の仕方それぞれ違います。その中から自分のやり方を見つけ体を作りあげていきます。

 

そして、何年も何年も努力を積み重ね大会を目指すのです!それがボディビルダーです。完璧な肉体など存在しません。でも、確実に1日せめて1%でも体を進化させないといけません。科学的な理論だろうが何だろうが努力に勝るものはありません。それが、競技ビルダーです。

 

普通にウエイトトレーニングをやっても家で腕立て伏せをやっても、ボディビルをやっているといいます。

 

要は、体を作りあげればその人はボディビルダーなのです。言い換えればボディ(肉体)ビルダー(作り上げる人)なのです。世間では、ボディビルダというと大会に出る人のことを言います。大会に出ていなくても、ボディビルの体になっていれば世間は、その人をボディビルといいます。

 

最後に、例えば水泳をやれば泳ぐしマラソンをやれば走るしボディビルダーになりたければボディビルダーのようなトレーニングをしなければなりません。

 

おしまい!

ボディビルダー本橋のダイエット理論!


こんにちは。アーミーフィットネスジム川口店の本橋です。

今回は、ダイエットについてお話します。

ダイエットと聞くとほとんどの人は、まず走るか食事制限をします。
それでもいいのですが、実際はそう上手く行きません。。。

それはどうしてか???

まずいくら走ってもある程度は 体重は、落ちますがそれ以上は落ちません。
何故なら筋肉トレーニングしないからです。

ダイエットをする場合は、まず筋肉トレーニングをして有酸素運動をします。
食事も高たんぱく質、低脂肪食に変えます。

 

食事のとり方としては、まずたんぱく質と炭水化物、野菜で調整します。
タンパク質は筋肉を作るもとになります。

炭水化物は人間が一日活動するエネルギー源になります。
車に例えるとガソリンの役割です。車は燃料ガソリンを入れた分だけ走ります。

人間も同じです。余ったエネルギーが体脂肪に変わります。

 

まず、タンパク質は肉または魚から取ります。
例えば鳥のささ身、鳥の胸肉(皮無し)などです。
皮がついてる場合は簡単に取れるのでなるべく取りましょう。

あと、100円ローソンやスーパーなどで
よく鳥のささ身の缶詰やノンオイルツナ缶が置いてあるので
それも利用してもいいです。

お豆腐は思ったよりカロリーが高いので避けてください。

 

次に炭水化物の場合、ダイエット中に食べられるものです。

白米、玄米、オートミール、サツマイモ、カボチャ、
トウモロコシなどそこから取ります。
そして食物繊維野菜ではブロッコリーがおススメです。

 

食事のとり方としては、実際に本橋の場合は

例えば・・・

【朝食】
・米300グラム ・鳥の胸肉300グラム

・野菜ブロッコリーカップに1杯

【昼】
・米300グラム ・鳥の胸肉300グラム

・野菜ブロッコリーカップ1杯

【間食】
・プロテイン40グラム ・おにぎり2個

【夜】
・鳥の胸肉300グラム ・鍋野菜のみ(水炊きにします)

男性は一日最低活動するのに大体1500カロリーぐらいは
必要です。
女性は一日最低1200~1700カロリーくらい必要です。

 

なぜダイエット中に筋肉トレーニングをしなくてはならない
のか。それは、ただ体重を落とすだけではダメなんです。

我々の目的は今自分にある筋肉をトレーニングで強化して
体脂肪で燃焼しなくてはなりません

一番効率のいいのはウエイトトレーニングです。
ただ単にカロリー制限をして、走って落とすだけでは
あなたが理想とする体重、体型からは程遠い体になるでしょう。

 

筋肉トレーニングをするとまず基礎代謝力が上がります。
基礎代謝とは人間が生きるためのエネルギーです。

食事はなぜ油ものを取っちゃいけないのか?
それは胃に油ものを入れると基礎代謝が上がらないからです。

自分の体に今ついている体脂肪を燃焼させたいなら
食事をまず高たんぱく低脂肪、可能なら夜の炭水化物もカットして

筋肉トレーニングをしっかりやったうえで
有酸素運動20~40分やるのが妥当でしょう。

 

ダイエットを続けてやっているときはストレスが溜まります。
肉体的にも、精神的にも。

そのためには週1回だけなんでも食べる日(チートデイ)を設けます。

週一回だけ食べると、次の朝体重計に乗った時に1、2キロ
増えてますけどそれは脂肪ではありません。水分です。
次の日からまたダイエットを始めれば大丈夫です。

ただそれが2、3日思いっきり食べると脂肪がつきます。

 

まずあなたがこの方法でダイエットをする場合は
今からいう段階で行ってください。

 

ステップ1 (油抜き)まず1か月間油抜きをします。

タンパク質を朝昼は20グラム、夜は30グラム取ります。
朝昼晩炭水化物は普通に取ります。

最初の一か月は量を普通に食べても大丈夫です。

調理をするときに焼く、煮る、蒸すのどれかにします。
油でいためるとカロリーが上がってしまいますので
油は使わないように。

例えばテフロン性のフライパンでも油を敷かなくて
使えますのでおすすめです。

味付けは、塩、コショウ、多少醤油、ノンオイルドレッシング
のどれかで味付けをします。

そうしてカロリーを少しでも抑えます。

 

ステップ2 (カロリーを減らしてゆく)

ダイエット二か月目に入りました。
今度はカロリーを減らしてゆきます。

朝タンパク質20グラム、昼もタンパク質20グラム、
夜タンパク質30グラム、タンパク質のとる量を変えないで
炭水化物の量を減らしていきます

例えば朝ご飯を300グラム昼ご飯を200グラム
間食のおにぎりを1つまたは2つにします。
夜は炭水化物はカットです。この方法でおこないます。

なぜかというと、人間は朝起きてからが
基礎代謝が一番上がる時なので朝はしっかりと食べます

昼にご飯200グラムにして食べます。
15時くらいにおにぎりを1つ2つ食べるのもいいでしょう。

夜は大体寝るだけなのでタンパク質と野菜だけにします。

 

大体皆さんは仕事から帰ってきたら、脂っこいものや甘いものなど
カロリーの高いものをついつい食べてしまうので、
それが太る原因の大きな一つです。

お相撲さんは朝食べないで稽古します。
昼夜とドカ食いして寝ます。それで太れるのです。

ダイエットする人は朝しっかり食べて、
昼普通に食べて、夜を軽く食べるだけで落ちます。

ちなみに夜早く寝ることもダイエットの一つです。
夜遅く起きてるといろいろ食べたくなるので、早く寝ましょう。

それでは今回はこの辺で。

 

追伸

私も10年前のカラダに戻れるように今、食事制限とトレーニングを
頑張っています!

アーミーフィットネス川口店の会員さまでダイエットをしたい方は
お気軽に私まで話しかけてください。精一杯のアドバイスをさせて
いただきます!

crk44ayuiaalzvqcrk44ayusaadof1←10年前に戻りますよ!

 

 

 

 

アーミーフィットネスジム川口店がオープンしました。

アーミーフィットネスジム川口

アーミーフィットネスジム川口店のブログでの最初の投稿です。

9/1(木)西川口駅にアーミーフィットネスジム川口店がオープンしました。
これからスタッフ一同、会員さんが通うのが楽しくてダイエットや筋トレの効果もでるジムにしていきます。是非、お立ち寄りください!

アーミーフィットネスジム川口店のホームページはこちら

アーミーフィットネスジム川口